手づくり犬ごはんの普及促進

「愛犬には良いものを与えたい。でもフード代を節約したい」と考えている飼い主の方は、つい価格が安く質の悪いドックフードを購入してしまうことがありますが、低品質なドックフードには、愛犬の健康を脅かすリスクが潜んでいます。例えば大量の大麦や玄米など、必要量以上の穀物を含みかさまししているドックフードは、愛犬のアレルギー発症のリスクを高める他、長期に渡って常温保存できるドックフードは大量の添加物を含んでいるので、愛犬が嘔吐や下痢をするなどの健康被害を受けてしまう可能性があります。

 

 

低品質なドックフードは、健康だけでなく愛犬の命を脅かすリスクも含まれていることから、ドックフードの品質に飼い主はこだわる必要があることがわかります。安くて長期にわたって常温保存できるドックフードは避けるようにします。市販のドックフード 自体に不安があるという飼い主さんの場合は、手作りフードを愛犬に与えることで、添加物や穀物の過剰摂取を避けることができます。新鮮な食材を飼い主が選び、添加物を使用せず、栄養バランスやカロリーを考えながら作ることができるので、愛犬の体質や持病に考慮したドックフードを与えることができるというメリットがあります。

 

当協会は、手づくり犬ごはん(ドッグ・デリカ)の普及促進を支援しています。「手づくりの優しさを、もっと手軽に誰にでも」をコンセプトに『K2 Dog Delica』が提供するたくさんの商品を通じて、手づくり犬ごはん(ドッグ・デリカ)の普及促進と、飼い主による「終生飼育へ対する意識向上」に貢献してまいります。