虹の橋の物語

大切な家族を、動物を愛する全ての人へ

 

詩「虹の橋」 

 

この世を去ったペットたちは、天国の手前の緑の草原に行きます。食べ物も水も用意された暖かい場所で、老いや病気から回復した元気な体で仲間と楽しく遊び回ります。しかしたった一つ気がかりなのは、残してきた大好きな飼い主のことです

一匹のペットの目に、草原に向かってくる人影が映ります。懐かしいその姿を認めるなり、そのペットは喜びにうち震え、仲間から離れて全力で駆けていきその人に飛びついて顔中にキスをします。

死んでしまった飼い主=あなたは、こうしてペットと再会し、一緒に虹の橋を渡っていくのです。

(出典:Wikipedia)